USB HDD/メモリ

更新未定。(最終更新日 2014-11-04)
現在の最新版:FreeNAS 9.2.1 Release

以下、FreeNAS 0.7.1だった頃のとても古い記事です。

当面、このコンテンツは現状維持でそのまま残しますが、
現在ではNAS4Freeとしてフォークしたため、NAS4Freeの記事として読んでくだされば。

USBハードディスクやUSBメモリなど、一時利用したいだけの時の利用方法です。

今回はNTFSでフォーマット済みのUSBハードディスクを追加してみます。
まず本体とUSBハードディスクを繋ぎます。(電源を別途入れるタイプは電源もONにします)
[ディスク] - [マネージメント] から追加していきます。

以下のように設定していきます。
  • ディスク
    da0 には、FreeNASをインストールしているUSBメモリが表示されます。(USBメモリにインストールしている場合はね)
    ここでは、da1 を選択します。(da0, da1 とは、FreeBSDでのUSBストレージ製品のことを指します)
  • S.M.A.R.T.
    長時間使うわけではないので、チェックはOFFで構いません。
    長時間使うなら(機能が使えるなら)ONでもいいかと。
  • ファイルシステムフォーマット
    FAT32でフォーマットされている場合はFAT32を選択。NTFSでフォーマットされている場合にはNTFSを選択します。
    これ以外でフォーマットされている場合はそれに合わせて選択します。
最後に [追加] をクリックします。

ディスクマネージメント画面に戻ったら、da1が表示されていることを確認して [変更の適用] をクリックします。
以上でマネージメント上の追加は終わりですが、まだマウントされてませんので続きます。

[ディスク] - [マウントポイント] から追加します。

以下のように設定していきます。(画面の例はNTFSでフォーマット済みのHDD)
  • 設定
    • タイプ
    • ディスク
      da1 を選択します。
    • パーティションタイプ
      Windows XPならおよそMBRパーティション。
      Windows Vista/7/2008などの場合はGPTパーティションの可能性もある。
    • パーティション番号
      他にパーティションがないので、1のまま
    • ファイルシステム
      NTFSを選択
    • マウントポイント名
      hogehoge → /mnt/hogehoge にあたる。
    • 概要
      空白でOK
    • 読込み専用
      消してはいけない時などに
    • ファイルシステムチェック
      不要
  • アクセス制限
    • めんどくさいので、デフォルトのままで。
最後に [追加] をクリック。

マウントポイントを追加したら、内容を確認し初期化中になっていることを確認して [変更の適用] をクリック。

ちゃんとマウントされたら OK と表示されます。

以上でマウントできました。
シェルからファイル操作するなどご自由に。
※CIFS/SMBなどはうまく動かない可能性もあるので、出来ることならUFSでフォーマットするといいかと。
フォーマットを行うと、そのHDDに入ってたファイルが消えるので細心の注意を忘れずに。

取り外し

取り外す時は、最低限アンマウントしましょう。
×印をクリックします。

対象が削除中になっていることを確認して [変更の適用] をクリックします。

このまま外してもいいかもしれませんが、ディスクマネージメント画面で同様に×ボタンを押して閉じていくことをお勧めします。
他にサービスが動いている場合は、サービスを止めてからのほうがいいでしょう。