SSH

Secure Shell
セキュアにCUIでファイルサーバを操作したり、SCPを使ってファイル転送を行うことが出来ます。

いくらWebGUIが便利だからといっても、昔ながらのCUIも使えなきゃ嫌だ!という人向け。
あと、トンネリングを巧みに使う人向けでもあります。

まずは有効にチェックON


次に基本的な部分を色々決めていきます。

  • TCP ポート
    SSHは通常22番ポートで待ちうけします。
  • rootログイン
    通常一般ユーザ(wheel権限のあるユーザのみ)でログインしてからsuします。ここではチェックを外し、suでrootになるようにしています。そのためチェックはOFFです。
  • パスワード認証
    ユーザ名とパスワード入力のみで認証する場合です。今回は面倒なのでONにしてます。
  • TCP転送
    ちょっとした機能です。外からNASにSSHで接続して、ごにょごにょ出来ます。
    これとWindowsのリモートデスクトップ接続を併用して、自宅PCをリモート操作するなんてことも。
  • 圧縮
    SSHは、telnetの代わりのみならず、SCPやSFTPといったプロトコルでファイル転送することも出来ます。
    その際に圧縮したほうが転送量が減るので時間短縮になりますが、CPU負荷は若干あがります。

最後に、[保存して再起動]をクリックして終わりです。